出来てしまったシミは、女性のお肌の悩みの中でも一番深刻と言っても過言ではないですよね。 どんなに肌理の整った綺麗な肌でも、シミがひとつあるだけで台無しです。 そんなシミ対策に美白ケア化粧品を使っている方も少なくないと思いますが、きちんと効果を実感できていますか?

シミの種類に合わせて美白ケア化粧品を選ばないと、どんなに頑張ってもシミ消しの効果を感じることは出来ません。 ですから、まず自分のシミがどんな種類のものかを把握して、最適な美白ケア化粧品を選ぶことが大切です。

タイプ別!美白化粧品の選び方

出来てしまったシミ

一番多いのが、紫外線による「日光黒子」というシミ。 シミに悩む人のほとんどがこの日光黒子で、一番ポピュラーなシミと言えるでしょう。

出来てしまったシミ対策
ニキビ跡

ニキビ跡によく見られる炎症性色素沈着は、ある程度普通のスキンケアで改善することが出来ます。美白化粧品の選び方が重要なポイント。
ニキビ跡・色素沈着の解消に

肝斑

最近増えているのは、肝斑というシミで、頬骨などの部分に左右対称で現れます。 日光黒子と違って、広範囲に及んで茶色くなるシミです。肝斑の美白ケアにはコツが必要です。