トップページ > 出来てしまったシミ > できてしまったシミを消すには?美白化粧品を選ぶ時の注意点

できてしまったシミを消すには?美白化粧品を選ぶ時の注意点

出来てしまったシミ対策、化粧品選びで気をつける点はココ!

シミができてしまったら、とにかく美白化粧品を使って、早めにケアすることが大切です。 ここで気を付けたいのが、美白化粧品に配合されている成分です。

美白成分というのはいろいろありますが、有名なビタミンC誘導体やアルブチンなどは、日焼けによるシミを予防する成分です。ですから、できてしまったシミに使ってもあまり効果は期待できません。

できてしまったシミに悩む人が使っているのは、ハイドロキノンという美白成分が配合されている美白化粧品です。ハイドロキシンは、今あるシミに対して有効とされている話題の成分です。


ハイドロキノンの効果は?

ハイドロキノンは、皮膚科などでも処方される美白成分で、一部では「肌の漂白剤」とも言われるほどです。しかも、従来の美白成分と呼ばれるものよりも、100倍の効果を持つと言われています。今までの美白化粧品で効き目を感じられなかった方にとっては、とても頼れる存在と言えますね。


その反面、高濃度にすると肌に刺激が強いのがハイドロキノンの難点でした。その問題をクリアにしてくれたのが、ビーグレンで製品化されたQuSome化ハイドロキノンです。シミ対策で美白化粧品を選ぶ際には、効果と肌への負担の両方に配慮した製品を選ぶことが重要です。独自の浸透技術によって、より高い効果になりながらも肌への負担が軽くなったのが何より嬉しいですね。